尺度は自分で持つもの

統計によると、大都会を中心に若い人の結婚年齢が年々高くなり、今では30歳前後で結婚する人が最も多いとされています。もちろん中には十代で結婚する人もいれば、四十を過ぎてから結婚する人も含まれているわけですが、いずれにしても、昔に比べると結婚年齢が高くなっているのは、明らかです。さて一生の伴侶を求める時の尺度とは、どのようなものでしょうか。昔なら本人の意思よりも、家柄や、経済的また年齢的な適合性が重要視されました。中には、自分の意に沿わない相手であっても、一緒にならざるを得なかった人も多かったでしょう。しかしそれでも、お互い馴染んで仲睦まじく添い遂げた夫婦もいたのです。逆に現代では、自分なりの尺度に適合した相手であっても、上手く行かない夫婦もいるのです。何年か前、女性の結婚相手として、学歴が高く、収入も高く背も高い、いわゆる三高の男性が理想とされた時代もありました。その他巷では、イケメンであるとか、経済力など様々な条件が掲げられますが、面白い事に実際は、これらの尺度に沿った夫婦は、案外少ないことではないでしょうか。人生の伴侶を求める場合、大切なのは自分なりの尺度を持つことですが、それ以上に、外部の流行や他人の意見に左右されないことが重要だと考えられるのです。

誰かと比較はしない

尺度は自分で持つもの

ときめきがない場合だって

後から失敗と思うくらいなら

Copyright© 2015 結婚の決め手になるポイントは All Rights Reserved.