後悔しない事が大前提

恋愛がある意味自己責任であるのに対し、結婚はお互いの家や親族なども巻き込んだイベントになります。そのため、結婚を決めるときのポイントとしては、後悔しないことが大前提となります。恋愛結婚の場合であっても、恋愛の時は相手の一部分しか目にすることがありませんし、四六時中一緒にいるわけではないので、些細な考えの違いや気になる癖などを見過ごしがちです。しかし、結婚するとなったらこれらの価値観の違いが一気に大きな問題になりかねません。たまに我慢することは可能でも、積み重ねるとかなり大きなストレスになってしまうものです。後悔しないように、結婚を決める前に気になることがあったらお互いにしっかり話し合いましょう。 逆に言えば、結婚を考えているとき、この人と一緒になって後悔しないかということを自分の胸に聞いてみると、本心から結婚を望んでいるのかどうかに気づくことができます。ほとんどの場合、自分で不安があっても結婚前にはその気持ちを押し殺しているものです。そのため、結婚を決断する段階になったら、これらの期になるポイントを整理して、本当に後悔しないかどうかを自問自答するということも効果的です。これは相手にも言えることで、プロポーズを受けた後入籍までの間に、子どものことや貯蓄のこと、家計の管理のこと、仕事や家事の分担など、大切な内容はお互いに意見をすり合わせておきましょう。婚約時に言いたいことを言えずにいると、結婚後も言い出すきっかけをつかめなくなり、改善するチャンスがほとんどなくなって後悔してしまいます。他人同士が家族になるということは、最初のうちは遠慮もあってなかなか言い出せなくなりますが、次第に気になることを指摘するようになります。こうなると、新婚時からも気持ちの冷め具合もあって、お互いに不信感が募ることもありますので、幸せな気分に浸っている婚約時こそお互いの考えを調整するチャンスととらえましょう。

後から失敗と思うくらいなら

続きは下の一覧から

誰かと比較はしない

尺度は自分で持つもの

ときめきがない場合だって

後から失敗と思うくらいなら

Copyright© 2015 結婚の決め手になるポイントは All Rights Reserved.