決め手になるのは人それぞれ

結婚は人生の中でも非常に大きな決断であることに違いありません。それは親の養護や保護の下を離れ、経済的にも自立し、パートナーと人生を切り開き生活を営んでいかなければいけないからです。また結婚すれば子供が生まれるなどして、非常にお金が掛かったり、自分の時間と言うものがもてなくなるのです。そのため結婚には男女の相当な覚悟が必要になるのです。かつての日本では男性は外で働き、女性は家を守るという性役割がはっきりしており、こうあるべきだというステレオタイプがありました。そのためかつての結婚の決め手は経済力のある男性、丈夫で健康な家庭的な女性であることが大前提であり、多くの人がこうしたことを結婚の決め手としたのです。しかし現代は男性は外、女性は内というステレオタイプやはっきりとした性役割が消失してしまったのです。女性が外でバリバリ働き収入を得て、男性が主夫となって家庭を守る夫婦も現代では珍しくなくなりました。そのため50年前の結婚の決め手と現代の結婚の決め手は必ずしも一致せず、人それぞれになってきているのです。現代では経済力や家庭的であることが結婚の決め手にはならず、趣味や楽しみが一致している、夫婦の時間が沢山持てる、互いを尊敬しあえるといった精神的な事や価値観が一致していることが結婚の決め手になる傾向にあるのです。こうした傾向は現代の日本の経済が非常に大きく影響していると言えるのです。昔のように男性がサラリーマンとして長年働いていても、年功序列制度や定年退職制度はすでに崩壊しており大きな収入は期待できなくなっています。そのため現代では夫婦共働きが基本になっているのです。そのため夫婦どちらかが経済的な面をパートナーに完全に依存することが少なくなりました。大黒柱は夫婦ふたりなので、経済面以外の精神的なつながりを重視するようになっており、結婚の決め手も変化を見せるようになったのです。経済をパートナーのどちらかに依存せず、共通の楽しみや同じ価値観を持つことで夫婦の絆は深まり、昔よりも夫婦関係が良くなっているとも言われているのです。

誰かと比較はしない

続きは下の一覧から

誰かと比較はしない

尺度は自分で持つもの

ときめきがない場合だって

後から失敗と思うくらいなら

Copyright© 2015 結婚の決め手になるポイントは All Rights Reserved.